富嶽N景

アイドルマスターと写真と

n=4 雪原

大学のサークル活動やらなんやらで忙しかったので放置してましたがGWは無事10連休を獲得して時間ができたので更新します。

 

f:id:s1-tech_187:20190429130905j:plain

北海道江別市にて

 

2月に北海道に行った時の写真です。大学の写真部の写真展でA3ノビで印刷して額に入れたんですがやっぱPCの画面で見るのと全然違いました。やっぱり写真は実際に印刷してみないとなあって思いました はい

 

構図に関してですが、ここまでシンプルな画だとほぼ取り方が決まっちゃう気がします。まず写真の中で地面と空をどう配分するかについてですが、綺麗な青空を多くフレーム内に取り込みたい、また、人が立っているのでそのバランスも考慮すべき…となると2:1くらいがちょうどいいかなということでそのようにしました。

次に人の配置ですが、構図の安定感を出すために端に寄らせました。地平線が若干左上がりになっているので配置は右より左がいいかなと考えました。

 

そして次は色に関してですが、青空の色をきれいに出すために色温度を下げると雪が青みがかってきて微妙、ということで白と青の兼ね合いが難しかったです。結局青レベルをいじって何とかしました。

 

正直この写真は編集の方向性を見出すのが容易だったのであまりここに書くことがないなあというのが正直な感想です。この写真を見せて人に言われたことなんですが、左上の雲を消すべきでしたね。まあいつか暇なときに消しておこうかな…

 

最近、実は写真のモチベがかなり低くてネットに投稿できるクオリティの写真が全然撮れていません GWも家に引きこもる予定しかありません まあいつかモチベが復活すると思うんですがそれまで更新頻度低そうです

n=3 夜の伏見稲荷

f:id:s1-tech_187:20190316140912j:plain

 京都府京都市にて

 

構図に関してですが、鳥居がずっと続いているのを活かすために写真の中央に道が向かっていくようにしました。こういう写真では定番の構図ですね。

また、伏見稲荷ではローアングルの写真も見ることがよくあると思いますが、この場合は地面の影を活かしたかったのでこの高さで撮りました。

 

次に色に関してですが、鳥居の赤は色温度をある程度低くしても損なわれないこと、そして地面に差し込んでる光の色を青みがけて鳥居の赤を引き立てたい、ということで色温度を4000Kにしました。また、コントラストを高めに設定して地面の光と影を強調し、彩度を少し高めにして鳥居の赤をさらに強調しました。

また、ハイライトを上げてシャドウを下げることにより地面の光と影をさらに強調しました。

 

まあ、あまりインパクトのない写真ですがなんとかなったかな(?)という感じです

色や構図に関して意見などあればお願いします。

n=2 都市夜景

f:id:s1-tech_187:20190303181448j:plain

東京都港区にて

 

東京の都市夜景を撮るとすればまず候補にあがる定番の展望台、浜松町の世界貿易センタービルです。東京タワー方面に新しくビルができてしまい以前のような構図の自由度は無くなってしまったものの、六本木から新宿までの高層ビル群はがっつり見えるので自分としては気に入っているスポットの一つです。

 

構図に関してですが、自分は六本木の高層ビル群と東京タワーを両方フレーム内に収めたかったのでこのような構図を選択しました。もう少し広角で撮影した写真もありますが、個人的に収まりがいいなと思ったのはこの切り取り方でした。これは完全に個人の好みだと思いますが…

後は色出しに関して。まずは色温度ですが、時間帯が日没からしばらく後だったのでまだ西の空が若干赤みがかっていて、これを活かしたいというのがありました。また色温度を上げすぎるとビルの灯りの色が赤みがかってしまい、それは個人的に気に入らない。また、空の上の方は赤でなく青みを出したい、ということでここは試行錯誤。結局5000Kで落ち着きました。

次にハイライトですが、東京タワーはかなり明るいので‐5まで落としました。毎回東京タワー撮ってて思うんですが、東京タワー本当に明るすぎて他の建物と一緒に撮ると白飛び寸前なんですよね。また、写真の中で暗いところもしっかり出したいのでシャドウを若干上げました。

気になったことですが、この写真、若干描写が甘いんですよね。自分のレンズだと普段はもっと描写がカッチリ出るはずなのですが、ガラス越しだったので光が滲んでしまったみたいです。

 

ちなみに下のは没写真。窓ガラスの反射が映り込んでいることに後で気付いたっていうやつです。

f:id:s1-tech_187:20190303182811j:plain

構図や色に関して他になにか工夫のしようがあればアドバイスお願いします。

n=1 工場夜景

f:id:s1-tech_187:20190302121517j:plain

三重県四日市市にて

 

おなじみの四日市の工場夜景です。ここの立ち位置だと工場のいろいろな要素をフレームの中に取り込める反面、下側から杭が生えているので足元がすっきりしません。近くには撮影者が割といましたがこの立ち位置には誰一人いませんでした。

 

あとは技術的なことに関して。

現像の段階で色温度は3300Kにしてあります。だいたいこれくらいが工場の照明の色がきれいになる色温度だと思います。あとは空の色出しにも注意が必要かなと。この写真だと特に空の占める面積が多いので空の色がしっかりしていないと見栄えも悪くなってしまいます。快晴の夜だと少し青みがかった感じが一番しっくりくると思うので、そこも念頭に入れて調整しました。

前に某写真サイトで色温度高め(かなり暖色)の工場夜景の写真を見たことがあるのですが、斬新さも相まってかなり気に入りました。その写真は空が全く入っていない「フレーム内全部工場」という構図だったんですよね。なるほどそういう構図なら暖色にしても美しさは損なわれないのだと。そういうところでオリジナリティを出していくのは確かに一つの手段だなぁと思い刺激を受けました。確かに工場夜景だと基本的にみんな寒色にしてくるわけなので「構図勝負」みたいなところを感じていたのですが、構図次第でさらに色も工夫のしようがあるのだなぁと。

 

あとは構図について。ここで写真を撮る場合、煙突をすべてフレーム内に入れたうえでそこから出る煙もある程度取り込まないと中途半端な写真になってしまうと思います。また、水面に工場の灯りが反射することも考えると切り取るのはこれくらいになるでしょう。

次に煙突の位置ですが、煙突の右に倉庫があるんですよね。この倉庫、どことなく異物感を感じさせるのでとりあえず端に追いやりたい。加えて煙突の左の方に球形のタンク(?)があるのでこれを取り込みたい。また、煙突は画面の中央よりも端に寄せた方が全体として写真が安定する… などという理由からこのような構図にしました。煙のなびく向きは運が良かったですね。これが逆だったりしたら不安定な構図になるところだった…

 

って感じでまあいろいろ考えて撮ったんですがどうなんですかね。自分では満足しているんですが、もっと別の面からの指摘も欲しいのでなにかあったら言ってください。

最初の記事

最初の記事を書いてみましょう

ブログ開設おめでとうございます。まずこんなテーマで、初めての記事を書いてみてはいかがでしょう?

  1. かんたんな挨拶や自己紹介をしてみましょう
  2. このブログでこれから書いてみたいと思っていること。「今日印象に残ったこと」などテーマをはっきりさせるとブログが続きやすくなります
  3. 新しいブログを始めるにあたって、意気込みを一言!

 って記事作成ページの右端に書いてありました なのでこれらについて書こうかなと思います

 

◦ かんたんな挨拶や自己紹介

 東京工業大学で機械の勉強をしています。航空宇宙工学とか流体力学とかに興味があります。一眼レフで写真撮ります。たまに。

 興味の対象はアイドルマスター声優アイドル・数学・物理・化学・宇宙・写真・旅行・地理・飛行機など 最近はプログラミングなど情報系の勉強も始めてみました

◦ これから書いてみたいと思っていること

 自分が撮った写真を載せようと思ってます。アイドルマスターについてのことも。気が向いたら学問に関することも言うかもしれません。

◦ 意気込み

 最低限人に見せられるレベルの文章にできるように頑張っていきたいと思います。

 

それでは今日はこのへんで 近いうちに頑張って更新します